Be Shining!

Life that gives love...

私が運営しているオリジナル小説サイトです



Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

スポンサーサイト
| - | - | permalink |

一定期間更新がないため広告を表示しています

合同誌友会に参加
| Seminar | - | permalink |
久しぶりにブログを更新します

東京第一教区で毎月誌友会を開催していた頃は、毎月誌友会の内容を記事に書いていました。そのお陰か、毎月誌友会で学んだことを咀嚼することができていたように思います。

大分教区へ移ってから、なんとなくの流れで誌友会を引き継ぎ、振り返る余裕もないままやってきました。

やっぱり、私は文章に書くことで振り返ることができるタイプだと思うので、これからも少しずつ学んだことを記事にしていこうと思います。

で・・・
今日は、教化部長送別の合同誌友会が地区で行われました。
委員長を拝命していろいろと悩むことも多かったけど、今回参加して解決の糸口を見つけることができたように思います。

今回のテキストは『新版 幸福生活論

そして、ご講話はもう一度原点に立ち返った、生長の家の信仰とはいかなるものであるかというお話でした。
生長の家の教えとは当たり前に感謝すること
あるものをあるままで感謝する生活である

そして、そこには「人間は神の子である。人間は神の最高自己実現である。この神様を表現するために生まれてきた」という揺らがない真理がなければならない。


行き詰まった時は、神様の御心に従いなさい。自分の心に振り回されてはいけない

本当の真理とは、人間を自由にするものであり、戒律を作って自由を奪うものではない

「人間は神の子、神様の心を表現するもの」(唯神実相)

↓神様の世界を表すには

「心の法則で現す、コトバの力で表現する」(唯心所現)

↓そのためには

日時計主義で明るい生き方をする

この心で現れたものには

真象(素直に映し出されたもの)←→偽象(迷いが映し出されたもの)とある

これは神の子の自覚の程度に従って表現されるから、善いところを認めて、表現することが大切である。(真象を表現する)

ただし、いくら口に出して善いことを言っていても、潜在意識が真逆の悪想念を抱いていれば、その悪想念の膜で神様の意識を表に表すことができない。

なぜなら、コトバの力は身(表情)、口(発声音)、意(心の思い)の三つがあるから。
日時計主義で明るい生活をして、潜在意識の奥の奥まで明るい想念を抱いていかなくてはいけない。

この究極のコトバの力が引き出されるのが
「神想観」である

結局は心の波を整えて、人間は実相円満完全であるという姿を現すには神想観・・・祈りの行事がもっとも必要である。

新版 幸福生活論
167頁〜170頁参照

I am that I am.(私は○○であると信じた通りになる)
○○になにを入れるかは自分自身が決める
神様や仏様と入れることもできれば、愚かな人と入れることもできる

人間は信じた通りのものになれるのであるから、神の子であると自覚し
日時計主義の明るい生活を実践したならば、必ず幸福に満ち足りた生活を送ることができる。

第一のものを第一にする生活
明るい信仰生活を学ばせていただきました。
スポンサーサイト
| - | - | permalink |