Be Shining!

Life that gives love...

私が運営しているオリジナル小説サイトです



Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

  • admin
  • RSS1.0
  • Atom0.3


  • Graphic by tudu*uzu
  • Designed by evidence


スポンサーサイト
| - | - | permalink |

一定期間更新がないため広告を表示しています

出産記録
| HONOKA | - | permalink |
覚え書きみたいに自己満足で書いてみたいと思います。記録に…

予定日の一週間前の検診からいきなり血圧が高くなり、出産予定日での検診でも血圧が148と高い上、尿蛋白も+3…妊娠高血圧症と診断され、翌々日から管理入院となった。

管理入院となった当日朝、血圧上昇のためか視界がおかしい。

チカチカ星が飛んでいるのが激しくて見えにくい。こんなの初めて…でも家の片付けしなくっちゃとかなり無理をしながらの産院へ…


この日の内診では、子宮口も閉じていて時間が掛かるだろうけど、普通分娩でいけるでしょうという事で一安心


しかし、相変わらず血圧高い…なんで?

自分に対して責めるばかり…なにがいけないんだろう?


夜は胎動が激しくて寝れない…必死に赤ちゃんに早く産まれようと話し掛ける。

そして翌朝の内診

内診台に上がった瞬間、ちょびちょびと水が…尿漏れ?と看護師さんに訴えてみる。

しかしこれがなんと、この瞬間に破水


昨日先生が言った通り普通分娩?と思いきや、「破水もしてるし、血圧高いし、尿蛋白も出てるし、普通分娩は母体も赤ちゃんにも負担が掛かるから早く産んだ方がいいから、今日の3時に帝王切開しましょう」と心の準備も整わないうちにあれよあれよと帝王切開の準備が始まる。

破水した事もありモニターつけると陣痛らしき波もあるものの、今や虚しいものに…


そしていよいよ手術室へ…


腰椎麻酔をされ、先生に痛みのチェックを受ける。チクッと痛みを感じるので訴える…がそのままスタート(笑)

切る感覚が分かるよ〜〜
更にお腹をグリグリされるのも分かるよ〜


そのうち、貧血状態で血の気がさ〜っと引いていく。

目を閉じていると麻酔で体の感覚もないし、目も回る


宇宙にいる気分。フワフワした感じ


そのうち、オンギャーオンギャーと泣く我が子が出てくる。だけど体動かないしよく分からない。そのうち助産師さんが目の前まで連れてきてくれたのだけど、

「ありがとうございます」と涙声で言うのが精一杯


チュッとほっぺとほっぺを重ねただけで連れてかれました。

術開始5分位の出来事

そこからの処置が恐ろしく長い。多分子宮の洗浄やらしてくれていて、その間につらくて何度か気を失いそうに…

普通分娩の陣痛もツライのだろうけど、二度と帝王切開いやと誓ってみたりする手術台の上


終わってからは麻酔切れてなくて感覚無い上、有り得ない震え、ガタガタが止まらない。この暑い夏にかかわらず、電気毛布に羽毛布団、毛布をしこたま巻いてもらい落ち着く。

そこへ、突然の嘔吐…

足には血栓予防のマッサージの機械が取り付けられる。

産んだ私は身動きが取れず赤ちゃんとの対面は手術台でのチュッと、部屋に戻る時のガラス越しの2回

旦那はこの私の苦悩中、足繁く新生児室に通いあ〜だこうだと私に報告。有り難いけど、カンガルーケアも何も出来なかった私は罪悪感やら疎外感やら焦燥感やらなんやら情けない感情が渦巻いていて素直に喜べない

夜に初めて抱かせてもらっても、ベッドの上で寝返りもうてない中で、なんだか他人の子を抱いてるような気がして申し訳ない気持ちが湧いてきて…

自分が体動けないから仕方ないのだけど、他の子たちはお母さんと一緒に部屋へ行ったり授乳してもらったりしていて

次の日の夜、新生児室のモニターには我が子だけが一人で寝ている姿が映ってなんだか泣きたくなって看護師さんに部屋へ連れてきてもらい、初めてギュッと力いっぱい抱きしめる事が出来ました。

穂夏ちゃんは私の声に反応して、さらに安心して胸の中で寝てくれて


この時、初めて母子であると実感できました。
これから慣れない子育て生活が始まりますがこの気持ちを忘れずに頑張ろと思います

後からきくと手術中私の血圧は210まで上がり仮に普通分娩していたら母子共に危険だったらしく先生の判断に本当に救われました。

誌友会の大切さ
| Seminar | comments(0) | permalink |
昨日は自分が会場リーダーをしている大分青年誌友会でした。教化部長が毎月指導してくださる誌友会としてはかなり贅沢なもの

しかし、7月に出産を控えているためしばらく私自身はお休みをいただくため、ひとまず最後の誌友会となりました(次回からは副委員長が開催する予定)

改めて感じたことは、毎月1回開催する誌友会の大切さ、有り難さ

教化部長も毎月誌友会に参加し、神様の言葉を魂に直接触れさせることは、自覚がなくても大切なことだとおっしゃっていました。本当にその通りだと感じました。日々の現象世界にとらわれてついつい悪想念も起こしてしまう。そんな中参加する誌友会での言葉は一つ一つが心に響き感動がこみ上げてきました。

テキストは『日時計24』(6月号)

『“森の中”へ行く人と自然の調和のために生長の家が考えたこと』


まずは、『“森の中”へ行く人と自然の調和のために生長の家が考えたこと』を輪読しました。

今回の輪読は第四章 講演録「環境保全と信仰」“神の国”実現のために すべてを生かす自覚を 91〜100頁でした。
続きを読む >>
DAICHIインストアライブ
| Dance | - | permalink |
6月18日渋谷タワレコでインストアライブがあり
Ustreamで生配信されたようです・・・

あいにく、「パイレーツオブカリビアン」を見に行ったため見られなかったのであきらめていたのですが、どうやら今でもその様子が見られるようです



東京から大分へ引っ越ししてからというものこういうイベントにはほんと遠く遠のいてしまいました。

ま、それはさておき、Who's the manの振り付け好きです
この曲はテンション上がります矢印上


一流のエンターティナーです
| Dance | - | permalink |
評価:
---
SONIC GROOVE
¥ 3,256
(2011-05-25)
コメント:アーティストとしてもコレオグラファーとしてもダンサーとしても一流の彼のパフォーマンスを見ないと損

2010年年末に行われたツアーのDVD

大阪公演に参加したあと、自分の妊娠がわかって
なにやら思い出に残るライブでしたが
そんなライブが形になってうれしいものです


合同誌友会に参加
| Seminar | - | permalink |
久しぶりにブログを更新します

東京第一教区で毎月誌友会を開催していた頃は、毎月誌友会の内容を記事に書いていました。そのお陰か、毎月誌友会で学んだことを咀嚼することができていたように思います。

大分教区へ移ってから、なんとなくの流れで誌友会を引き継ぎ、振り返る余裕もないままやってきました。

やっぱり、私は文章に書くことで振り返ることができるタイプだと思うので、これからも少しずつ学んだことを記事にしていこうと思います。

で・・・
今日は、教化部長送別の合同誌友会が地区で行われました。
委員長を拝命していろいろと悩むことも多かったけど、今回参加して解決の糸口を見つけることができたように思います。

今回のテキストは『新版 幸福生活論

そして、ご講話はもう一度原点に立ち返った、生長の家の信仰とはいかなるものであるかというお話でした。
続きを読む >>
 1/35 >>